読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物件見学とその後のトラブル

開業

先日の駅近物件を見学。内装は数年前にリフォームしたばかりなのでさすがに綺麗だった。動線が悪いのとエレベーターがないのはマイナス。あと、透視はいらないな。

 

前院長はよくしゃべる方で、いろいろなことを教えていただけた。

診療圏調査はイマイチだけど場所もいいし前向きに交渉したいと思った。今回はA社と見学に行ったが、ここはコンサルフィーや物件紹介料で合計500万円ほどかかるので、もう同じ物件を紹介してくれたK組合に依頼することとした。

 

その旨を両者に伝えたところ、A社から怒りのメールが返ってきた。そりゃあ500万円、売主から同じだけもらうと合計1000万円の案件だから必死にもなるのはわかるけど。

曰く、

見学に行った後は他の業者に代えることはできない。←そんなことは聞いてない。

自分のところが紹介するまでその物件について知らなかった←他の業者も取り扱ってるし検索したら出てくる

契約上、道義上問題あり←契約してない。道義上問題あるというなら、他の人を見学に連れて行ったのは問題ないのか?

 

前院長に迷惑かけてもいけないので、K組合の方に相談することにした。夜にメールしたにもかかわらず、その日のうちに返信があり、次の日に会って話しましょうとのこと。こういう問題に強い人を連れてきてくれるらしい。

楽しみだ。